日本人特有の「恥」の文化と英語

恥に神経を使い過ぎる日本人・英語等の原語はコミュニケーション道具

「お酒が入ると、普段よりもスラスラと英語が出てきます。」

 

英語・英会話を習い始めたばかりの人で、こういう事を言う人も、少なくありません。

 

 

恥に対して神経を使い過ぎる日本人

英語で海外に飛び立つ

英語で海外に飛び立つ

これは私が思うに、お酒のチカラで陽気になり「自分の想いを伝えたい!」という、人間本来の気持ちが出てくるからではないか、またアルコールのチカラで「恥をかいても大したことは無い。」と、良い意味で、らかになるのではと私は考えています。

 

日本には「恥」の文化というものが存在していると私は考えています。

 

学術的な、そして正式な「恥の文化」について、私は理解していないかも知れませんし、その正確な知識を持っていません。

 

しかし日本人は、恥をかくことを極端に嫌う国民性を持っています。

 

あくまでも私感ですがアジア圏の民族は、その傾向が強いようです。

 

英語などの原語はコミュニケーションのための道具で飾りではありません

オカシナ英語を話して、恥を、かきたくない…

 

恥をかくことを良しとしない、その精神、また伝統には、それなりの価値を私は認めます。

 

恥をかきたくないから、努力する、向上心をもち、ステップ・アップする、そういう面も少なからずあります。

 

しかし恥をかきたくないから閉じこもる…

 

これでは新しい展開は望めません。

 

駅で外国人が、あなたに話しかけたとします。

 

「ワタシは、キップが欲しい。キップ売場は、ですか…?」

 

正確には「誰」では無く、「どこ」ですが、それを聞いたあなたは、その外国人の言いたいこと、聞きたいことの意味が全く理解できませんか…?

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク