英語学習に努力する人を尊敬する姿勢が大切

英語を間違える事は恥ではない・恥ずかしいのは努力も挑戦もしない事

少し間違った日本語を話す外国人、「キップ売場は、誰ですか?」と言うその人はキップ売場を探しているのです。

 

 

英語を間違えることは全く恥ではありません

夕暮れの海外のビジネス街

夕暮れの海外のビジネス街

貴方は、その外国人が滑稽に見えますか?

 

大恥をかいていると蔑みますか?

 

慣れない日本語で一生懸命に話している、と感心しませんか?

 

手助けしてあげたい、そう感じませんか?

 

それは、逆も全く同じです。

 

全ての外国人に当てはまることではありませんが、英語圏の外国人は、失敗したり間違えたりすることは人間として当然のこととして受け止めます。

 

ましてや「恥」などと考えません。

 

恥ずかしいのは努力も挑戦もしない事です

彼等にとっての「恥」は、「努力しないこと」、そして「自分に負けること」であると私は受け止めています。

 

私もそうですが、殆どの英語圏の外国人、努力する人を尊敬します。

 

努力を評価します。

 

オカシナ日本語を使う外国人を、ともすれ日本人は笑いのネタにしますが、逆に少々オカシナ英語を使う日本人を笑いの対象にする外国人を、私は見たことがありません。

 

逆に相手の英語のレベルに合わせて、簡単な単語を使って会話をしてくれる、そんな外国人を大勢知っています。

 

外国人は、あなたの「英語で話そう」とする努力を必ず評価します。

 

英語が母国語では無い国民が、少々オカシナ英語を使っても、それは恥でも何でもありません。

 

むしろコミュニケーションを拒絶する態度の方が、よほど恥であると私は考えます。

 

欧米人を見かけたらドンドンと英語で話しかけましょう

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク