英語の必要性を自覚し英語環境を自分で作る

必要性は自分でしか自覚は出来ません・必要を自覚し英語環境を作る事

言語の学習には、環境、条件が大きく影響する、左右することは事実です。

 

英語・英会話を必要と感じない人に対して、英語が必要では無い環境の中で「英語を学びなさい」、と言っても、なかなかと実行出来ないとも思います。

 

 

本当の必要性は自分自身でしか自覚は出来ません

外国でのビジネスマン

外国でのビジネスマン

身に迫った必要性を感じないと実行に移せないのは誰しも同じで、それが大多数の人が選ぶ選択です。

 

しかしそれが今までの多数の日本人の考えであり、それ故に何年間も学校で英語を勉強しながらも、街で外国人から話しかけられたならば、どうしようかと恐々としている日本人が未だに多いのが現実です。

 

「必要」が無いから「環境」が整っていないから…

 

それは言い訳に過ぎない場合もあります。

 

「必要」は時として、あちらからやって来る、「環境」も本人の意思とは関係なく整う場合もあります。

 

自ら、そういう環境に飛び込んで行く事、これは誰にでも可能であると私は考えます。

 

必要を自覚し英語環境を自分で作る事が大切です

自ずから「必要」を求める事も出来る、自分の心がけで、「環境」を創り上げる事も出来る、私はそう考えます。

 

この日本においては外国語は自然に身に付くものではありません

 

向上心の無い人間には英語に限らず、何も身に付きませんが、「自分が行動を起こさない限り成果は得られない」、非常に簡単な道理ですが、どうぞこれを忘れないで下さい。

 

この私のレポートを、ココまで読まれた方ならば、その向上心は充分にお持ちだと思います。

 

どうか今のその気持ちを忘れないで下さい。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク