英語・英会話をマスターしたいという漠然とした想いを実行に

成りたい自分に成るように努力する・立ち止まってしまう人が大多数

多くの方が、「英語をマスターしたい…」と考えてみえます。

 

そして、「英語が話せるのが羨ましい…」と感じてみえるようです。

 

 

成りたい自分に成るように努力しましょう

国際空港の複数の滑走路

国際空港の複数の滑走路

そういう方で漠然と英語を学びたいと感じているならば、ほんの小さな一歩でも良いので、まず英語学習を実行をスタートしましょう。

 

漠然と英語を身に付けたいと感じているだけでは、何も前進はありません、何も変わりません。

 

当サイトでお勧めしている英語学習として、映画を字幕で観る、英語の歌を暗記する、中学2年生の英語の教科書を読んでみる、外国人に簡単な英語で話しかける、どれでもOKです。

 

どれか1つでも実行してみましょう。

 

漠然とした英語の想いを、実行に移してみましょう

 

立ち止まってしまう人が大多数です

そこで立ち止まってしまう人が多いことも、私は経験で知っています。

 

英語を話したい、英語をマスターしたい、そう想うならば、その想いに一歩でも近づく行為を実行しましょう。

 

「こんな簡単な事、初歩的な事で、果たして英語が自由に話せるのか…?」

 

そういう心配は英語の勉強・学習を実際にスタートしてから、そしてそれを継続してから改めて考えてみて下さい。

 

たとえ中学2年生の英語の教科書でも、10ページを真剣に読んだ人は、そうで無い人と比べて既に英語の実力で差がついています。

 

英語を話す日本人と話さない日本人に大きく分けるならば、既に「英語を話す」というグループに一歩入っているのです。

 

想いを実行に移す、実際に英語学習をスタートする、それでもう既に貴方は「英語圏」に参加しているのです。

 

漠然とした想いを、実行に移しましょう。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク