高校編 - 長文を読み文法・単語を覚える大学受験の英語学習に専念

ある英語の勉強法との出会い・英語の勉強はあくまで大学受験のため

高校受験の結果は、決して満足のいくものではなかったので大学受験でリベンジしたいという気持ちを強く持っていました。

 

私立大学の入試では英語の配点が高いということを知り、高校入学当初から独学で力を入れて勉強していた科目でした。

 

 

ある英語の勉強法との出会い

とある英語の勉強法について書かれた本を読みました。

「単語、文法を覚えてから長文を読むのではなく、長文を読み込みながら、その中で文法や単語を覚えていくのが受験生が最も嫌がる長文読解にも慣れて、文法、単語も覚えやすい。」

目から鱗が落ちる発想でした。

 

長文で文法や単語を覚える

長文で文法や単語を覚える

高校の授業は中学同様、教科書を中心のオーソドックスなものでしたが、高校の授業の予習、復習と同時に長文の参考書を中心に徹底的に読み込み、その中で単語、文法を覚えていきました。

 

高1、2年は予備校や塾も行かず、そのスタイルで英語のみ勉強していました。

 

英語の勉強はあくまで大学受験のため

英語の成績はいつも10段階で9か10、予備校の模試でも偏差値もそれなりに高い数値を出していましたが、英語が好きなのではなく、あくまで受験のためと割り切って勉強していたので、リスニングやスピーキング、外国人との触れ合いがあるオーラルコミュニケーションの授業は、赤点ギリギリという極端さでした。

 

この当時のことが、後の自分の英語力や英語感に大きな影響を与えているように思えます。

 

高3になる頃には、有名大学の大学受験の問題もそこそこ解けるようになっていましたが、英語を重点に置くあまり他の科目がおろそかになり、4年生の大学に進学するのは半分強といった中堅の公立高校で、独学だったので受験に対する知識不足もあり、現役の時は、半ば記念受験で私学のトップ大学のみ受けて浪人生活へ…

 

それでも独学で英語を大学受験レベルまでもっていけたのは、少し自信になりました。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク