シンガポールの英語 - 非英語圏出身の人と接する機会も多い英語圏

シンガポール人の英語力は千差万別・もし語学留学してみるなら

英語圏で行ったことのある数少ない国、シンガポールの英語の話をしたいと思います。

 

シンガポールは東南アジアのマレー半島の先端にある多民族国家の国。

 

民族の構成は、主に中国系、マレー系、インド系で、公用語は英語、中国語、マレー語、タミール語の4つで、学校教育では母語と英語を取得するのが求められています。

 

 

シンガポール人の英語力は千差万別

シンガポールの英語

シンガポールの英語

ビジネスで多用されるのは英語であり、シンガポールのホワイトカラー層のビジネスマンの国際的評価は高く、また近隣の国からの労働者も多いです。

 

マレーシアとの間にあるジョホール水道では、毎朝、国境を越えて、シンガポールへ通勤するたくさんのマレーシア人の姿を見ることができますし、郊外には永遠に続く高層マンション郡、マンション建設予定地となっている空き地も多く、将来の更なる外国人労働者受け入れの可能性を感じました。

 

シンガポールに1週間滞在した時、現地で仕事を探している日本人の集まりに顔を出したことがあり、そこで知り合った日本人の奥さんが中華系のマレーシア人でした。

 

彼女は美容関係の仕事でシンガポールに働きに来ていて、中国語とマレーシア語は堪能ですが、英語が苦手のようで、3人で食事している時も、日本人の旦那さんを介して、なんとか話しができました。

 

それでも1年以上、シンガポールで働いているというから驚きましたが、彼女に限らず、特にブルーカラー層の外国人労働者は、英語を苦手としている人も多いようです。

 

もし語学留学してみるならコスモポリタン都市シンガポールが面白いかも

シンガポールの英語は、「シングリッシュ」と呼ばれ、強い訛りがあると言われています。

 

語学留学は、欧米の英語圏の国に比べて、経済的には安いにも関らず、その訛りのおかげで、敬遠されがちなシンガポール。

 

もし将来英語ができるようになって、海外と関る仕事をしたいと思ったら、英語圏以外の人とも英語でビジネスをすることになると思います。

 

そうなるとみんなが上手な英語を使うわけではありません。

 

英語が苦手なシンガポール在住の外国人と接することで、ツールとしての語学についての考え方を、見つめ直す機会にもなるでしょうし、外国人とのコミュニケーションは英語が全てではないということが分かるだけでも、後の人生を豊かにしてくれるでしょう。

 

英語を勉強できるのみならず、「英語=英語圏の人たちの言葉」という固定観念を払拭してくれるであろう、シンガポールの語学留学は面白いかもしれません。

 

イギリスやアメリカでも階級や知的階層によって、英語力に開きなどはあるでしょうが、一日で一周できるくらい小さく、多民族国家を肌で感じれるシンガポールは、数少ない英語圏の国としても貴重だと思います。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク