英語は手段しか過ぎない綺麗な英語より盗むしたたかさ

完璧な英語力を求めず仕事の為の英語と割り切る

よく仕事は盗めと言われますが、英語も同じでどんどん他人の英語を盗んでいく貪欲さは必要です。

 

 

完璧な英語力を求めない

仕事の為の英語

仕事の為の英語

こちらの「仕事上での英語 - 仕事上の英語は業務の中で覚えるのが効率的 」でも書きましたが、CCに入ってくる業務に関る英文を読み込んでいって、「使えそうな表現」や「やりとり」はエクセルなどに保存しておくのもいいかもしれません。

 

例えば業務のちょっとした合間、仕事後に10分間、英文を読んでから帰るのを習慣にするなど、自分で時間を作り出して英語のみならず仕事の流れも覚えるくらいの気構えがいいでしょう。

 

読み込んでいけばこの人の文法や表現ちょっとおかしいなとか、非英語圏の人の英語の文法は結構適当だといったことがわかってくると思いますが、その英語力で仕事をしているわけですから、致命的な解釈の違いが発生しなければたいした問題じゃありません。

 

仕事の為の英語と割り切る

あくまでも英語を上達させるというより、「仕事を遂行する為の英語」ということを忘れてはいけません、言葉は手段であって目的ではないのです。

 

仮に英会話を必要とされる業務でも要領は同じです。

 

同じ日本人が話している英語は意外にネイティブより聞き取れるものですし、それに下手な発音でもビジネスは成り立ちます、電話で英語を話している人の声に耳を傾けて、使えそうな表現をもらっちゃうのは同じです。

 

言語という性質上、大学受験を経験した人なら受験時代から英語から離れていても、覚えたものは体に染み付いているので、これらくらいのことはそれほど難しいことではないはずですし、貿易に限らず英語を使う業務に通じる鉄則だと思います。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク