英語・英会話教材も英語を学ぶ基礎が出来てから購入

どの英語教材でもある程度の効果はあります・教材不要という教え方も

日本には、さまざまな英語教材があり、安価なものから効果なもの、TVで有名人を使い派手にCMを流しているものなど、色々な英語・英会話教材があります。

 

 

どの英語教材でもある程度の効果はあります

ルフトハンザのジャンボジェット

ルフトハンザの
ジャンボジェット

どれもビジネスの商品ですから、それらのプロが考えに考えぬいた美辞麗句のキャッチコピーを鵜呑みにして、あたかもその英語教材を購入さえすれば、すぐにでも、また誰にでも英語が出来る、英語が話せるような錯覚を覚えてしまう方もみえると思います。

 

私個人としては、眉をひそめたくなるようなキャッチコピーの英語教材もありますが、しかしこれも率直に言ってどの英語教材を購入してもある程度の効果は必ずあります

 

ここでも大切なことは、あくまでも「学習の主体性」と「学ぶ基本」です。

 

どんな素晴らしい英語教材でも、それを使う側、利用する側に一切基本が無くては、いわゆる「宝の持ち腐れ」となってしまいます。

 

教材は不要という教え方もあります

また「 独学で英語を学習し身に付け会社で英会話教室を開催するまでに 」に書きました、私が会社内で開講していた英語教室で、私のアシスタントを勤めてくれた英会話教室で講師をしていたアメリカ人、彼に拠ればプロの英会話教室の講師は、まず生徒の英語レベルを把握することから仕事がスタートする、そして、どんな事柄でも良いので、とにかく英語で考え、それを話すことを生徒に促していた、との事でした。

 

彼の方針としては、生徒がある程度の英語レベルに成るまでは、一切教材は使わない、その代わりに、どんな短い英語でも良いので、自分で考え、そして話してもらう、これをモットーに指導をしていた、との事です。

 

これは私の考えと全く一致するものです。

 

英会話教室と同様、高額な英語教材の購入も、当サイトでお伝えする英語の基礎が出来てから検討すると良いでしょう。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク