英語・英会話を話したい人へ - 大人になってからの必要性

大人になってからの英語との再会と英会話の必要性

英語を避けてきた人は、大人になっても英語を使った仕事や海外旅行に抵抗を感じるようです。英語を見るのも嫌だという人も、食わず嫌いと同じではないかと思います。今なら、大嫌いだった英語と別の角度で接する事が出来るかも知れません。

英語が苦手であることと社会人と学生時代の違い

大学受験を経験していない人や、学生時代は英語が大の苦手でテストの点数もほとんどなかった人も世の中にはたくさんいます。

 

今まで大学受験を経験して人や、高校レベルの英語の読解力をある人を対象に書いてきましたが、今回はそのような人たちを対象にした英語の勉強の仕方について書きたいと思います。

 

英語が苦手なので諦めるのはもったいない

 

諦めるのはもったいない

諦めるのはもったいない

周りの人たちをみていても、英語を避けてきたこの層の人たちは、大人になっても英語を使った仕事や海外旅行にとても抵抗を感じています

 

若い時に興味なくても人生経験を積み重ねて、異文化への好奇心や海外と接する仕事に魅力や利点を感じる人も多いと思います。

 

例えば、今までも書いてきましたが、英語の基本的な読む力さえあれば貿易関係の仕事をする可能性も開けてきます。

 

社会人は学生時代より頭がよくなっている

 

学生時代から英語は、テストは赤点街道で話すどころか英語の文字を見るのも嫌だという人達も多いですが、「食わず嫌い」と同じではないかと思います。

 

学校を卒業して社会で働き始めると、仕事の優先順位の組み立て、時間の使い方、仕事そのものの知識など、学校の勉強では習わない多くのことを身につけていると思います。

 

そんな経験を身につけてきた人たちなら、10数年前は大嫌いだった英語とまた別の角度で接することができるかもしれません。

 

次回の記事で具体的な英語の再建方法についての私見を書きたいと思います。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

大人になってからの英語との再会と英会話の必要性関連ページ

英語を使う機会は多くなかった商社での業務 - 商社の貿易事務
私は貿易業界でフォワーダーと呼ばれる自社製品を持たないサービス業の物流業者で仕事をしていますが、仕事で英語を使う機会は多くありません。商社に出向し貿易事務をしていた経験もありますが、あまり英語を使う事はありませんでした。
言語以上に理解が難しい外国の労働観 - 商社の貿易事務
世界には英語圏ではない様々な国と言語が存在し、労働観や価値観も多種多様です。外国人と共に仕事する上で、ツールの英語という言語よりも大切なのは、外国人を日本人と同質化せず、労働観や価値観が違うのは当然という前提を持つ事です。
中学校の英語を総復習すれば英語・英会話は身に付く
このサイトの管理人と同じように、私も英語学習の再チャレンジに中学校の英語の教科書を勧めます。私が中学、高校時代にしたように、地道に英文を読み文法を理解し単語を覚え、その知識を元に必要な英語の分野に応用していきましょう。
TOEICと就職 - 高スコアは就職時に高く評価され有利
英語力を測る指針のTOEICは、スコアより取得した努力が就職などでプラス評価されるようです。英語勉強を努力したなら仕事も頑張るだろうと評価される訳です。TOEICを履歴書に載せるツールとして勉強するのも有りでしょう。
英語を新たに勉強するというより呼び起こすという発想
海外と密接に関る日本社会で、誰しも英語を勉強するべきか、伝統的な読み書きの英語教育は無駄なのかという事を見つめ直すべきと私は考えます。社会人の最良の英語参考書は業務中に使う英語で仕事に必要な英語力だけ学べばいいと思います。
英語よりも異文化を理解しようという発想が大事
語学はコミュニケーションの手段であって目的ではありません。大切なのは人間同士が理解しようとする気持ちを持つ事です。違文化を見て、これが海外旅行、海外との仕事の面白さであり、知的好奇心を刺激してくれると思える発想が必要です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
Preparation 1st Stage 2nd Stage 3rd Stage Final Satge

学びネット powered by TrendLead