TOEICと就職  - 高スコアは就職時に高く評価され有利

TOEICでの高スコアは就職時に評価され勉強法は情報が拾いやすい

TOEICを受験した経験があるのは10年以上前の大学時代なので、今回の記事でTOEICについてはほとんど触れませんでした。

 

よく高スコアを持っていても英語が話せない、仕事で使えない人が多いと聞きます。

 

 

TOEICで高スコアを出した事実は評価される

TOEICと就職

TOEICと就職

英語力を測る指針としてのTOEICは疑問視されていますが、「TOEICの高スコアは取得した努力」というのは評価される機会が多いと思います。

 

貿易業界で転職の面接を受けた時、集団面接で私以外に3人の女性がいて、女性の中ではその内一人を採用するということでした。

 

3人に共通するのは、年齢もほぼ同世代、社会人経験はあるが貿易の経験は無し

 

決め手となったのはTOEICのスコアでした、1人が900以上の高スコアを持っていたのです。

 

貿易といってもこの時の募集職種は、カウンター業務で特に英語を必要とする部署ではありませんでした。

 

900という高スコアを取れるくらい英語の勉強を努力したなら、仕事も頑張ってくれるかもしれないというのが採用側の真意でした。

 

TOEICの勉強法は情報が拾いやすい時代

後で採用された女性にTOEICのスコアのことを聞いたら、900というスコアは英語力というよりTOEICの試験のクセを見抜いたり、テクニックを身につければ高スコアも可能と教えてくれました。

 

TOEICを履歴書に載せるツールとして割り切って勉強するのも有りだと思います。

 

今、書店に行けば英語関連の棚の多くは「TOEIC」関連の本で埋められています。

 

そこには勉強法の本もたくさんありますし、インターネット上で高スコアを叩き出す情報も拾いやすいので、自分なりに検索して多少邪道な勉強法でもTOEICを受けてみるのも世の中を生きる一つの手だと思います。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク