英語を新たに勉強するというより呼び起こすという発想

使う機会は限定されている英語をもう一度見つめ直す

巷では「グローバル化」、「海外でも通用する人間」など言われ、英語の必要性が叫ばれ、今では小学校の授業にも英語が必須となりました。

 

TOEICのスコア、○○○点を取る方法、英会話上達などの本や情報商材も溢れています。

 

 

英語・英会話もう一度見つめ直す

英語を見つめ直す

英語を見つめ直す

今回の記事では、私の英語学習履歴や旅行や仕事での経験を通じて、一般的な英語の勉強法とは別の切り口から書いてみました。

 

経済、外交、文化の面で海外と密接に関っている現代の日本社会ですが、本当に猫も杓子も英語を勉強すればいいのか、また日本の伝統的な読み書きの英語教育は本当に使えないのかということを、もう一度見つめ直すきっかけになればという意図があります。

 

英語を使う機会は限定されている

みなさんの周りで国内で仕事をしていて、英語を常日頃から使っている人はどれくらいいるでしょうか。

 

実際にはそんなに多くはないと思います。

 

海外駐在している社員だって、実際には現地の日本企業へのセールスだったりすることも多く、日本人同士でビジネスをしていることも多かったりします。

 

英語が必要になった時、学生時代に習って眠っている英語をブラッシュアップして、仕事に必要な英語力だけ学べばいいのです。

 

いくら当時英語が苦手でも覚えている単語や文法はいくつかはあるはずなので、0からフランス語やドイツ語を勉強するよりはとっつきやすいはずです。

 

そして最良の参考書は、何度も書きましたが業務中に使う英語なので、英語を総合的にアップさせるという無駄な筋肉は時間の無駄です。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク