英語・英会話を話したい人へ - 異文化を理解しようという発想が大事

英語よりも異文化を理解しようという発想が大事

語学はコミュニケーションの手段であって目的ではありません。大切なのは人間同士が理解しようとする気持ちを持つ事です。違文化を見て、これが海外旅行、海外との仕事の面白さであり、知的好奇心を刺激してくれると思える発想が必要です。

英語を含む語学はコミュニケーションの手段であって目的ではない

仕事、旅行に限らず外国人と接する時に、語学の壁以上の異文化の違いの難しさにぶち当たることが多いはずです。

 

日本人は島国で単一民族の国なので、人間関係の形成は「同質化」を求める傾向がありますが、海外の人や文化と接する時は、「異文化は自分達とは違う」というの前提で接する必要があります。

 

英語は手段にしかすぎない

 

英語は手段にすぎない

英語は手段にすぎない

語学というのはコミュニケーションをするための手段であって目的ではないのです。

 

いくら英語が達者でも他者(異文化)の立場に立って考えることができなきゃ、旅行も仕事していてもストレスを溜めるだけだと思います。

 

英語圏ではない国の人たちのビジネスメールの英文も酷かったりすることも多いですが、大切なのはそれを理解しようと気持ちを持つことであって、また自分達日本人も非英語圏の国なのだから、相手も100%の完璧な英語を求めているわけではないんです。

 

むしろ自分達と違う異文化の側面を見れて、これこそ海外旅行、海外との仕事の面白さであり、知的好奇心を刺激してくれると思える発想が必要なのです。

 

他者を思いやる気持ちがないと戦争もなくならい

 

極端な話、こういう発想を全世界の人が持たなきゃ戦争もなくならないと思います。

 

歴代の戦争は国、地域関係なく、相手国への立場の理解不足から起こっているといっても過言じゃありません。

 

私の記事を読んで、過去に備えてきた英語力を決して無駄ではないということを理解していただき、また海外との接し方の意識を変えるきっかけになってくれたら幸いです。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

英語よりも異文化を理解しようという発想が大事関連ページ

英語を使う機会は多くなかった商社での業務 - 商社の貿易事務
私は貿易業界でフォワーダーと呼ばれる自社製品を持たないサービス業の物流業者で仕事をしていますが、仕事で英語を使う機会は多くありません。商社に出向し貿易事務をしていた経験もありますが、あまり英語を使う事はありませんでした。
言語以上に理解が難しい外国の労働観 - 商社の貿易事務
世界には英語圏ではない様々な国と言語が存在し、労働観や価値観も多種多様です。外国人と共に仕事する上で、ツールの英語という言語よりも大切なのは、外国人を日本人と同質化せず、労働観や価値観が違うのは当然という前提を持つ事です。
大人になってからの英語との再会と英会話の必要性
英語を避けてきた人は、大人になっても英語を使った仕事や海外旅行に抵抗を感じるようです。英語を見るのも嫌だという人も、食わず嫌いと同じではないかと思います。今なら、大嫌いだった英語と別の角度で接する事が出来るかも知れません。
中学校の英語を総復習すれば英語・英会話は身に付く
このサイトの管理人と同じように、私も英語学習の再チャレンジに中学校の英語の教科書を勧めます。私が中学、高校時代にしたように、地道に英文を読み文法を理解し単語を覚え、その知識を元に必要な英語の分野に応用していきましょう。
TOEICと就職 - 高スコアは就職時に高く評価され有利
英語力を測る指針のTOEICは、スコアより取得した努力が就職などでプラス評価されるようです。英語勉強を努力したなら仕事も頑張るだろうと評価される訳です。TOEICを履歴書に載せるツールとして勉強するのも有りでしょう。
英語を新たに勉強するというより呼び起こすという発想
海外と密接に関る日本社会で、誰しも英語を勉強するべきか、伝統的な読み書きの英語教育は無駄なのかという事を見つめ直すべきと私は考えます。社会人の最良の英語参考書は業務中に使う英語で仕事に必要な英語力だけ学べばいいと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ
Preparation 1st Stage 2nd Stage 3rd Stage Final Satge

学びネット powered by TrendLead