英語学習の無意味な不安を乗り越えた人が英語を話せるようになる

英語学習の無意味な不安を乗り越えた人が英語を話せるようになる

誰もが抱く英語学習に対する不安、「レッスンを受けて本当に英語が上達するのか?」、「英語学習を継続できるか?」…

 

 

上達するか継続できるかは自分次第

上達は自分次第

上達は自分次第

今、英語が出来ない、英語が話せないのですから、その不安は当然のことでしょう。

 

また多くの日本人が、その2つの不安を乗り越えることが出来ない、チャレンジする前にあきらめてしまい、その結果として大多数の日本人が、学生として高校まで英語を授業で習っているにも関わらず、生きた英語が使えない、英会話ができない、社会で英語を活用していないのが現状です。

 

英語をマスター出来るのか、英語学習を継続できるか?

 

それは「貴方次第なのです!」

 

「したい」と「出来る」は全く違う

多くの日本人は、英語をマスターしたい、英語を話したいと感じています。

 

しかし実際に英語学習に挑戦する前に、自分に負けてしまっているのです。

 

一歩を踏み出せずに終わってしまっているのです。

 

言葉を換えれば、一歩踏み出してチャレンジした人だけが、たとえ途中で中断したとしても再開した人が英語をマスターしているともいえます。

 

適切な言葉では無いかも知れませんが、もしも勝ち組と負け組とで分けるならば、挑戦した人は勝ち組、最初から諦めてしまった人が負け組となるのです。

 

自分のレベルアップに時間・努力、お金を投資した人が、その投資に見合うだけの利益、メリット、アドバンテージを受けているのが厳然たる事実です。

 

そして日本では、英語・英会話の負け組の人が多いので、だからこそ余計に英語を身に付けている人の価値・評価が上がるのです、高いのです。

 

どちらを選ぶかは貴方次第です。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク