英語・英会話でのヒアリングは後回しでOK

誰も最初は英語のヒアリングは出来ない・聞きとれなくても気にしない

英語・英会話の勉強で、つまずきやすい点として、「自分の思いを、ある程度、英語・英会話で伝えることは出来るが、相手が何を言っているのか正確に聞き取れない…」という事態が考えられますし、多くの人から、「ヒアリングが苦手で…」とも聞きます。

 

これは、考えてみれば当たり前のことです。

 

 

誰でも最初は英語のヒアリングなど出来ない

世界へ羽ばたく翼

世界へ羽ばたく翼

人は誰でも、自分の言いたいこと、伝えたいことを、アタマの中で先に「考えて」発言します。

 

逆に相手の言うこと、話すことは、それを耳にして初めて、その内容を聞くのですから、理解する、納得するためには、注意をして聞き、またアタマを使わなくてはいけません。

 

英語、外国語に限らず「話すことは出来ても、聞き取りが出来ない」というのは、当然のことです

 

聞きとれなくても気にしないこと

私の今までの経験から、「ヒアリングは得意だけど、話すのは苦手」というイングリッシュ・スピーカーに、お目に会ったことはありません。

 

しかし「聞き取りが苦手」イコール「英語、英会話はムツカシイ」、そう早合点してしまう人の多いこと…!

 

また、さらに付け加えますと、実際の人間同士のお付き合いでは、例えば今まで「スポーツ」に関する話をしていて、いきなり「政治」の話にスイッチすることはありません。

 

つまり、その前後の会話の「流れ」で相手の言いたいことは、かなり前もって推測が出来ているのです。

 

誰でもヒアリングは苦手、なので最初、相手の言うことが理解出来なくても決して落ち込まない、気にしないことが大切です。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク