最も簡単でシンプルな英語の言い回しからスタート

上司の英語に驚く・アタマで英語を考え過ぎない

これは実際に、私が経験した話です。

 

会社勤めを始めて、まだ間もない時でした。

 

 

上司の英語に驚く

陽気なビジネス仲間の外国人達

陽気なビジネス仲間の外国人達

35歳の課長、当時の私の上司ですが、

 

「飛行機の中でCAさんに“ 水を一杯、持ってきて下さい ”、と頼む時は、やはり丁寧な言い方として、 Could you bring me a glass of water? これでイイよね?」

 

その課長、当時、テープ付きの、かなり高価な英会話教材を買い、それなりに勉強をしている、それはそれは真面目な人でした。

 

その英語を聞いたとき、おお凄い正式な英語だ、そう感じました。

 

でも私は、英会話の初心者ならば、そんな英語でなくとも、

 

Water, please.

 

これでOKだと思います。

 

アタマで英語を考え過ぎない

実はこういう「XXX, please.」という言い方は、ネイティブな英語では、あまり使われません。

 

ですが、これでも黙っているより、何も英語を話さないより、もしくはアタマの中で、こういう言い方が良いか、どうかなどとクドクドと考えているよりは、よほど「マシ」と私は思います。

 

簡単な言い回しからスタート」、これを実践して、まず、英語でのコミュニケーションの「楽しさ」、これを実感して欲しいのです。

 

その「楽しさ」こそが、英会話を身に付けるうえで、最も大切なことであると私は確信しています。

 

簡単な言い方でもOKなので、黙っていないでドンドンとコミュニケーションを図りましょう、そして英語を楽しみましょう!

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク