少しづつ長い英語の文章に

短い英語のセンテンスを1つにする・なるべく長い英語を意識して練習

英語で文章を作る、タイピングするレッスンに慣れてきたら、1つのセンテンスを長くするように心掛けましょう。

 

 

短い英語のセンテンスを1つにする

外国人マネージャー

外国人マネージャー

きっと英語・英会話の初心者、ビギナーの人であれば、例えば自分の事を紹介する文章で、

  1. 私の名前は、XXXです。
  2. スポーツでは、テニスが好きです。
  3. 旅行が趣味です。

 

これらの日本語を英語にする場合、

  1. My name is XXX.
  2. I like playing tennis.
  3. My hobby is travel.

 

これらの短い英語を、関係代名詞、また言い回しを使って1つの文章にするように英語の練習をしてみましょう。

 

上記の例であれば、

 

I am XXX who love playing tennis & travel.

 

なるべく長い英語を意識して練習しましょう

特に英語を仕事で使う場合、あまり短い英語を話す、また書くのは、あまりスマートではありません。

 

非常に幼稚に受け取られてしまいます

 

無理に文章を1つにする、繋げる必要はありませんが、このレッスンも自分一人で行えば誰が見るのでも読むのでもありませんから、少々オカシナ英語でもOKです。

 

この少々長い英語・英文にするということは、英会話でも必ず役に立つ練習となりますので、英語を書く、タイピングするときに、「この文章、センテンスは1つにまとめることが出来る」と思ったら、なるべく断片的なセンテンスではなく、スマートな、適度な長さの英語の文章にするように心がけましょう。

 

そして出来上がった文章を、読み返してみて、無理のない文章であることを確認します。

 

このレッスンを繰り返すことで、必ず英語・英会話力がアップします。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク