英語の映画は素晴らしい英語・英会話教材

一度観た映画を英語学習教材にする・海外の日本人家族も実践

「英語のヒアリングは後回し」でもお伝えしていますが、相手が何を言いたいのか、それが先に分かっていれば英語の聞き取りは随分と「ラク」です。

 

「映画」、これで同じ状況を持てるのです。

 

 

一度観た映画を英語学習教材にする

デトロイト空港とノースウェスト

デトロイト空港と
ノースウェスト

一度観た「映画」、既にその「映画」のストーリーを知っているわけです。

 

「この場面では、この人は、こういうことを言った。」

 

それを前もって知っていれば、アトは「それを英語で、どう表現してるのか…?」

 

それに神経を集注出来ます。

 

ここでお勧めの方法は、「音声を日本語」にして、「字幕を英語」に設定する、です。

 

英語字幕のスピードに、戸惑うこともあると思いますが、耳で、いい加減に聞き流していた英語が、ちゃんと活字で出てきますので正確に把握出来ます。

 

無論、日本語字幕でも英語の勉強になりますので、両方試してみて下さい。

 

海外の日本人家族も実践しています

いずれにしても、きっと、あなたの想像していない、驚くような英語の表現に気が付くでしょう。

 

また日本の映画、「邦画」を観ながらでも英語の勉強が出来ます。

 

字幕を、「英語」にセットしておけば、日本の世界に誇るアニメでも、画面の「英語字幕」が出ます。

 

これは無論、英語の勉強にもなりますが、娯楽としても、なかなかと楽しいもので、「ほう…こういう言い方をするのか!?」と、感心することがよくあります。

 

ちなみに、このアニメでの学習、これは海外に駐在している日本人家族の人が、幼い子供に英語、日本語を学ばせる時にも応用されています。

 

映画は、楽しみながら英語が学べる、とても便利なツールで、また同時に映画も楽しめるので、お得です。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク